保安管理技術

【二種販向け】LPガスの燃焼

燃焼方程式や爆発範囲についてはLPガスの燃焼特性・燃焼計算を参照下さい。
ポイントだけ覚えた方が点数が取れるので、説明もあっさりいきます。

丸覚えキーワード

  • 燃焼方法
  • 燃え方の違い

キーワードの解説

これまでの学習でガスには爆発下限というものがあり、空気と混ざらないと燃えないことは理解していると思います。

ブンゼンバーナーというものを例として炎について詳しく知っていきましょう。

 

ブンゼンバーナーと炎の関係

炎の構成は外側から、高温外炎膜→外炎→内炎→炎芯(未燃ガス)。

炎はガスが一次空気と混合されて燃焼範囲になり着火、二次空気に触れて完全燃焼する。

ガスと空気の混合が不十分だと不完全燃焼を起こす(不完全燃焼の場合、すすなどが出る)。

低温度のものに触れると不完全燃焼を起こすことがある。

ガスバーナーには一次空気を必要としないものもある。

 

燃焼方法

燃焼方法にはブンゼン燃焼、全一次燃焼、全二次燃焼があります。

炎の温度や炎色が異なるため、覚えておきましょう。

 

ブンゼン燃焼

ブンゼン燃焼は一次空気が必要(ガスと空気の混合気体を一次と二次で使い切る)

  • 一次空気:40~70%
  • 二次空気:30~60%
  • 炎色:青緑
  • 長さ:短い
  • 温度:1,300℃

 

全一次空気燃焼

燃焼に必要な空気を全て吸い込み、混合してから燃やす方法。一次空気のみでOK。

  • 一次空気:100%
  • 二次空気:0%
  • 炎色:セラミックや金網の表面で燃える
  • 温度:950℃

 

全二次空気燃焼

ガスをそのまま中に噴出して燃焼させる方法

  • 一次空気:0%
  • 二次空気:100%
  • 炎色:やや赤
  • 長さ:長い
  • 温度:900℃

 

燃え方の違い

ガスの噴出速度と燃焼速度がつり合っている時は炎は安定する。

つり合っていない不安定な炎の状態が試験に出てきます。

リフティング(煽火)

ガスの噴出速度>ガスの燃焼速度のため炎が浮く。

やる気がほとばしっているわけではない。

 

フラッシュバック(逆火)

ガス噴出速度<ガスの燃焼速度

炎がバーナ内に戻る現象。

点火、消火時も起きる。

エネルギーを求めている。

 

イエローチップ(赤黄炎)

一次空気が過少、炭素が残る(水素が先に燃えるので炎色反応で赤黄色になる)

料理する人は見たことあるはずな炎、弱火でもこんな感じになるならコンロの調子が悪いかも。

試験前にチェック

  • ブンゼン燃焼、全一次、全二次の違いは?
  • リフティング、イエローチップ、フラッシュバックのそれぞれはなんでなる?

 

合格の近道は「慣れ」です。

去年受かった先輩にもらったり、同僚に貸してもらうなど、どんな方法でも構いません。
必ず過去問を解いて、自分が間違えやすい部分を見つけて慣れておいて下さい。

最新版がいい方は、下記リンクからお求め頂けます。

Amazonで2021-2022年版 高圧ガス販売主任者試験 第二種販売 攻略問題集を購入する

楽天BOOKSで高圧ガス販売主任者試験第二種販売攻略問題集 2021−2022年版/三好康彦【3000円以上送料無料】購入する

 

-保安管理技術

© 2021 二種販獲得.com