ニュース

二種販売試験の合格率【2020年度版】

第二種販売主任者とは?に掲載している第二種販売主任者資格の合格率を2021年度版に更新しました。

以前掲載していた2020年度版の行き場がなくなったので、記事にして保存しておきます。

 

2020年度の高圧ガス第二種販売主任者資格の合格率は?

2020年「全体の」合格率は54.7%

「全体の」と書いたのは、第二種販売の試験には類似資格を持っている有資格者には、一部・または全部免除という制度があるためです

試験科目が一部・全部免除されている方の合格率は82.20%と非常に高い合格率です。

つまり、全科目受験の方が合格率を下げているのです。

 

2020年の第二種販売試験の合格率一覧

受験者数 合格者数 合格率(%)
全科目受験 4,477 1,789 40.0%
高圧法免除 34 15 44.1%
液石法免除 353 186 52.7%
高圧法・液石法免除 3 3 100.0%
保安管理技術免除 1,514 1,309 86.5%
高圧法及び保安管理技術免除 164 143 87.2%
液石法及び保安管理技術免除 182 165 90.7%
全科目免除 161 161 100.0%
全体 6,888 3,771 54.7%

出典:高圧ガス保安協会 国家試験の合格率の公表を参考に作成 http://shiken.khk.or.jp/shiken.html

 

法令(高圧法、液石法)、保安管理技術ともに受験する方の合格率は40.0%です。

 

出願者ベースではなく、受験者ベースで半数以上が落ちています

さて、あなたは免除される方でしょうか。

それとも、全科目受験する方でしょうか。

 

2020年と2021年の合格率を比べると?

受験者全体の合格率は54.7%から53.7%1.0ポイントの下落

最も比率が大きい全科目受験の合格率は40.0%から34.8%と5.2ポイントの下落となりました。

保安管理免除の合格率(84.7%)が高いことを考えると、保安管理がめっちゃ難しかったのかもしれません・・・

スポンサードリンク

-ニュース

© 2022 二種販獲得.com